北海道子育て応援ブログ【子育て情報】


夕張メロンのブランデーが復活!


夕張メロンのブランデーが復活!

夕張メロンはとても有名ですが、
夕張市が破たんしてから夕張市で運営していた
夕張メロン製品が次々と姿を消してしまっていました。
ところが!
この度、夕張メロンのブランデーが復活するんだそうです!

財政再建団体の北海道夕張市で、破産した同市の第3セクターから醸造施設などを引き継いだ夕張酒造(飯田嘉明社長)が、特産の夕張メロンを原料にしたブランデーの新銘柄「フルーツブランデー」を発売した。同社によるとメロンブランデーは世界的にも珍しく、日本では唯一。3セク破産で同ブランデーの製造は休止していたが、約1年半ぶりに復活した。

 3セク時代からのアルコール度25度の2商品に今回、40度と39度の商品が新たに加わり、計4種類。熟成期間は10年から23年で、メロンの甘い香りがほのかにするのが特徴。

 夕張市内の酒屋での限定販売としており、園田稔専務は「夕張の活性化のため直接来て購入してほしい」と話している。価格は500ミリリットルで1500円から2000円。問い合わせは同社、電話0123(58)3333。
(引用元:http://www.sponichi.co.jp/society/flash/KFullFlash20080507059.html)

※夕張メロンブランデー参考リンク
⇒ 夕張うまいもの屋
posted by 子育てママ at 12:51 | Comment(29) | TrackBack(0) | 北海道お土産

旭山動物園号(JR)にオオカミ号が登場!


旭山動物園号(JR)にオオカミ号が登場!

旭山動物園号に新たに増設する車両「オオカミ号」が、
同園が今夏にオープンする「オオカミの森」を記念して
作られることになったそうです。

旭山動物園号(JR)にオオカミ号が登場!JR北海道は昨年4月28日から札幌ー旭川間を走る特急「旭山動物園号」をリニューアル、来月26日から「オオカミ号」を増結し5両編成で運転する。
旭山動物園号は運転開始から今年2月末までに3万人以上が利用した人気列車。1号車から4号車までの各車両には、ホッキョクグマ、ライオン、チンパンジー、ペンギンのイラストが描かれている。


旭山動物園号のイラストは、旭山動物園に飼育係として25年間勤務した絵本作家・あべ弘士さんのオリジナルデザイン。イラストは列車の座席のほか、壁や床にもラッピングされている。

増結される「旭山動物園号」の座席は64席増え、2号車「オオカミ号」の記念撮影用座席「ハグハグチェア」に、オオカミとヘラジカを設置する。

旭山動物園号は4月26日から10月19日までの期間に92日間運転される。
(引用元:http://www.bnn-s.com/news/08/03/080313114551.html)

旭山動物園号は土・日・祝日に1日1往復のみなので要チェックです!
ゴールデンウィークと夏休みにの期間も1日1往復するそうです。
posted by 子育てママ at 13:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旭山動物園

洞爺湖サミットの影響でYOSAKOIソーラン祭りの日程変更


洞爺湖サミットは待ち遠しいのですが、
北海道の代表とも言えるようになったYOSAKOIソーラン祭りが
その洞爺湖サミットの影響で、
開催日の変更を余儀なくされてしまったそうです!

北海道洞爺湖サミット(7月7〜9日)の影響で、開催日が変更となる初夏のスポーツ大会や地域の祭りが相次いでいる。新年度以降、道内各地の警察官がサミット警備の応援に入るためで、従来通りの日程だと、交通整理や雑踏警備の面で警察側の協力を得るのが難しいというわけだ。主催者側は「日程は変わるが、例年通り楽しんで」と参加者に呼びかけている。(中略)

 札幌の初夏を彩るYOSAKOIソーラン祭りは、警備上の都合などから、例年より1週間早い6月4〜8日の開催。関係者は「サミットのちょうど一カ月前のタイミングなので、夜間、会場にろうそくをともすなど、温暖化を意識したイベントも考えたい」と話す。 (中略)

 洞爺湖サミットの警備陣は、道外からの応援組を含めて約三万人規模になるとされる。新年度以降、態勢を徐々に強化し、五月下旬から事実上の臨戦態勢に入る。
(引用元:http://www.hokkaido-np.co.jp/news/summit/80662.html)
洞爺湖サミットの影響はYOSAKOIソーラン祭りだけにとどまらず、
毎年7月上旬に開催している札幌国際ハーフマラソン大会も、
6月15日に前倒しして実施することになったそうです。
その大きな理由は7月に洞爺湖サミットの警備があるので、
マラソン大会の日程を前倒ししないと、道警の協力を得るのが難しいからだそうです。

洞爺湖サミットもYOSAKOIソーラン祭りもいよいよですね♪
posted by 子育てママ at 11:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道の話

洞爺湖サミット前のお得な旅割チケット発売


洞爺湖サミット前のお得な旅割チケット発売

洞爺湖サミットがいよいよ今年7月に近づいてきていますが
それに向けて、観光客に優しい旅割チケットを
全日空とJR北海道が共同で発売するそうですっ♪

JR北海道は13日、全日本空輸と提携し北海道洞爺湖サミット前の来道観光客の誘致策として、割安なJR周遊きっぷを4〜6月に販売すると発表した。全日空の搭乗28日前割引「旅割」「乗継旅割」で道外から新千歳空港に到着する乗客を対象に、

道央圏の特急自由席が大人五千円で乗り放題になる。

 旅割きっぷの名称は「ぐるっとパス」。空港到着日に新千歳空港駅で搭乗券を見せて購入する。有効期間は三日間。乗り放題のエリアは札幌−長万部の小樽経由と苫小牧経由の両区間内。特急指定席も五千円で2回まで利用できる。
(引用元:http://www.hokkaido-np.co.jp/news/economic/75977.html)

洞爺湖サミットに向けて、JR北海道はこのほか
国際観光振興策として、

・鉄陸両用車両デュアル・モード・ビークル(DMV)
・モータ・アシスト式ハイブリッド車両の洞爺湖周辺でのデモ走行
・外国人記者の無料パス発行
・主要駅で外国人客に対応するテレビ電話の設置

などを計画しているそうですっ♪
本当に洞爺湖に各国の代表が集まるんですねっ!
北海道頑張れっっヾ(≧▽≦)ノ
posted by 子育てママ at 12:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道の話

新さっぽろ冬まつりって知ってましたか?


新さっぽろ冬まつりって知ってましたか?

札幌雪まつりは超有名ですが
「新さっぽろ」でも雪まつりならぬ
冬まつりという雪まつりがが行われているのを知っていましたか?

新さっぽろ冬まつり北海道札幌市の厚別区役所と札幌副都心開発公社は、2月2、3の両日に「新さっぽろ冬まつり」を開催する。会場は、北海道札幌市厚別区の新さっぽろ駅周辺の「ふれあい広場あつべつ」「厚別区民センター」「サンピアザ劇場」「科学館公園」。

 ふれあい広場あつべつでは「新さっぽろ冬まつり」のシンボルキャラクター「おやすみ雪だるま」のかまくら滑り台が登場。「おやすみ雪だるま」は北海道出身の彫刻家・原田ミドーさんのデザイン。眉間にほくろをつけた雪だるまが体を地面に横たえて休んでいる姿は、原田さんが手掛けた「新さっぽろ冬まつり」のポスターに毎年登場している。ここではスノーキャンドルの作成体験と雪のブロックを積み上げて作るイグルーの作成体験ができる。雪遊びコーナーでは、北海道弁の雪上カルタ、スタンプ大会、ストラックアウト、雪中宝探しなどを予定している。

 屋内会場の北海道札幌市厚別区民センターでは、親子で楽しめる「ファミリー・フェスタ」を開催。木の砂場、バルーンアート、ハーブティの提供を予定。3日はサンピアザ劇場で「アカペラ・フェスティバル」を開催する。 

 「新さっぽろ冬まつり」は2006年の2月から毎年開催され、今回で3回目。冬に行われる地元の祭りとして、毎年、子どもたちを中心に、多くの人々で賑わっている。開催時間は両日とも午前10時から午後7時まで。
(引用元:http://www.bnn-s.com/news/08/01/080104162614.html)
2008年の新さっぽろ冬まつりでは
冬まつりの開催ポスターに描かれた
「おやすみ雪だるま」の巨大かまくら滑り台が登場するそうです!
posted by 子育てママ at 18:04 | Comment(27) | TrackBack(0) | 北海道の話

Copyright (C) 2006-2008 北海道子育て応援ブログ【子育て情報】 All Rights Reserved.